身長を伸ばす6つのポイント!自宅で出来る簡単な方法とは


身長を伸ばすにはいくつかのポイントが存在します。
自宅で1人簡単に出来る方法をご紹介していきます。


冷え性は身体の天敵!

冷え性は、自律神経のリズムを正しく保つホルモンの分泌が不足し、
血管の伸縮が上手くいかなくなって、血流が悪くなることで起きます。

人間の体温は一般的には36.5度前後。

冷え性をチェックには、起床時に布団の中で脇とお腹を触ってみて、
冷たいと感じたら冷えている証拠になります。

身体を常に暖かくしておくことは、縦に身体を伸ばしやすくし、
血行もよくなり、新陳代謝も活発になって、骨細胞も筋肉細胞も発達します。

サプリメントの服用、補給や
お風呂に入る、温かい食べ物を食べるなどがおススメです。


姿勢を毎日鏡でチェック

身体を動かす、何かを摂取するなどではありませんが、
意識的に毎日自身の「身体」を見ることもとても大切です。

見ることで、両足のバランスが取れていないことに気づいたり、
両肩のバランスも取れていないことに気づくかもしれません。

そこから、関節が歪んでいること、筋肉が強張っていることを
発見することができます。


肩、腕、背中に力を入れ過ぎない

姿勢作りで大切なポイントは、肩や背中、腕に力を入れず、
足底やひざ裏の筋肉をしっかり意識すること、首を伸ばして
頭を高く持ち上げることです。

近年、スマートフォンの普及が加速し、
「ストレートネック」になる人が増えてきています。

結果、肩こりをはじめ身体症状に異常が見られたり、
首が頭を支えきれず詰まりが生じてしまいます。


カルシウムの溶け出しを防ぐマグネシウムの取り方

カルシウムは骨を作る上で最も重要な成分です。

しかし、加齢とともに、またストレスなどで
カルシウムが骨から溶け出す、ぼろぼろになるケースがあります。

そのカルシウム不足を防ぐのがマグネシウムです。

マグネシウムは、青のり、ヒジキ、コンブなどの海藻類、
インゲン、空豆などの豆類、なまこや抹茶、なっつ類にたくさん含まれてます。


指を回す、首を回す習慣が身長を伸ばす

身体の骨格はすべて関節でつながっています。

指の関節が硬いと、その影響で、手首の関節も、ひじの関節も肩の関節も、
ひざの関節も足首もすべて硬くなってしまう傾向があります。

足底を鍛え、各関節をほぐし、前後左右によく旋回できる、
しなやかな身体を作る習慣をつけましょう。


自律神経を整えれば、骨の調子だけでなく、心も穏やかになる

椎関節や椎骨がいい状態で合ってはじめて、
自律神経は十分にその機能を果たしてくれます。

自律神経が整えば、副交感神経優位となり心は穏やかになります。

ストレスを抱えないことも身長にはとても大切なことです。


芸能人も愛用する平均5㎝身長が伸びる方法があります

身長を伸ばす6つのポイントについてご紹介してきました。

身長は、骨だけでなく、関節や自律神経、その他さまざまな
身体活動に欠かせない作用が働いて成り立っています。

1つが十分でも、1つが欠けていてもダメで
全てが整わなければ身長を伸ばすことは難しくなります。

今回ご紹介した方法は、様々な方法を網羅的に示しています。

さらに、具体的な身長を伸ばす方法を知りたい方に、
芸能人も愛用する平均5㎝アップの方法をご紹介します。

あなたも、1人楽々身長を伸ばす方法を実践して、
モデルのような高身長の体型を手に入れたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ