身長を伸ばすためには筋肉と身長の関係を知ろう!


身長を伸ばすために切っても切れない関係が「筋肉」。
筋肉は身長を伸ばす過程で大きく影響する部位です。

人間の筋肉は約600以上もの筋肉があると言われていますが、

筋肉が硬くなると血流、リンパの流れが悪くなり、
身長への影響はもちろん健康被害にも拡大してしまいます。

そんな筋肉の身長に与える影響や
身長を伸ばす方法についてご紹介したいと思います。


身長は常に地球に縮められている

身長は常に重力との戦いです。
その重力と戦ってくれているのが身体の部位で言う筋肉に当たります。

筋肉の働きが弱まると背骨は曲がりはじめ
極端に身長も縮んでしまいます。

筋肉の働きを弱らせないために
適度なエクササイズや柔軟体操が必須になりますが、
知らず知らずのうちに現代人は筋肉を弱らせる行為をとります。

それが、パソコンやスマホと言った電子機器の使用による
長時間の前かがみ姿勢です。


身長に大きく影響する背骨を支える筋肉

骨盤の仙骨と腸骨は、仙腸関節でつながっていて、背骨を支えています。

背骨と尾骨は、寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)で支えられていますが、
寛骨の周りには、大腿骨の上部にある大転子という隆起につながる外寛骨筋(大殿筋、中殿筋、小殿筋)や、
大転子のやや下の内側にある小転子と呼ばれる隆起につながる内寛骨筋(大腰筋、腸骨筋、小腰筋)があります。

小転子から腰椎にいたる大腰筋やその外側の腸骨筋は、骨盤を立て、姿勢を正しくキープし、
身体を反らすときにも、重要な働きをしています。

これらが弾力を失って十分に働かなくなると、上半身が下がり、
身体が前かがみになってしまい、身長が低くなる原因になります。

股関節を整えるには、かかとに重心が乗るように立ち、足底の筋肉を鍛え、
ひざ裏の足底筋(抗重力筋)をしなやかで強いものにするエクササイズが効果的です。


芸能人も愛用の身長を伸ばす方法があります。

筋肉と身長の関係についてご紹介してきました。

特に、身長を伸ばすためには背骨を支える筋肉や抗重力筋の働きが重要です。
正しい姿勢のキープと重力に耐えうるだけの働きが必要であり、
これらの筋肉を弱らせないためにエクササイズやジムへ通うことが効果的です。

より具体的な身長を伸ばす方法を実践したい方に
自宅で簡単に誰にも知られることなく出来るトレーニング法をご紹介します。

芸能人も愛用する背をすらっと伸ばす方法とは?

あなたも、筋肉を鍛えて、
しなやかでモデルのような身長を手に入れたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ