身長を伸ばすことは身体の健康維持にもつながる?!


身長を伸ばす方法は、いくつも世の中に出回っています。
しかし、身長を伸ばす方法が実は身体の健康にも役立つことをご存知でしょうか。

身長だけでなく、身体の健康維持にもつながるため、
健康を気にしている方にもおススメの身長を伸ばす方法をご紹介したいと思います。


スっと伸びた身体はバテない、疲れない

身長を伸ばす方法を取り入れることで身体に変化が起きます。
まず、血流、リンパの流れがスムーズになり、活性酸素を溜めにくくなります。

活性酸素とは、身体に悪さをする悪玉の代表とも呼ばれ、老化を進める事でも有名です。
活性酸素は大きく「スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)」、「ヒドロキシルラジカル」、
「過酸化水素」、「一重項酸素」の4種類に大別されます。

老化は体の細胞が衰えるということ。
つまり、活性酸素を溜めなければ、細胞は若々しく保たれます。

若々しい細胞はばて知らず、ホルモン系のバランスも整って、自律神経の働きがよくなります。
自律神経の働きがよくなるということは、交感神経、副交感神経の切り替えのバランスが取れ、安眠できます。

さらに「汗」も変わってきます。
緊張でかく「じっとりとした汗」ではなく、岩盤浴などでかく「しっとりとした汗」に変わっていきます。

身長を伸ばすことで、
血流の流れはよくなり(血行がよくなる)
自律神経のバランスがよくなる(精神的ストレスがなくなる)

内臓から心身ともに健やかになることができます。


椎関節は内臓の働きにも左右する

日常生活の中で、前かがみでいることが多くなってきています。

僧帽筋、肩周りの三角筋、背骨を支える脊柱起立筋などが硬くなり
肩こりや首こりの原因を引き起こします。

前傾姿勢は、背骨のS字カーブを深くして、内臓に通っている神経や血管を圧迫します。
椎骨や椎関節の周囲には自律神経が通っていて、内臓の働きをコントロールしており、
結果的に、内臓にも影響することになります。

例えば、胃の位置に対応する椎骨にズレがあったり、周囲の筋肉が硬くなっていたりすると胃が不調になります。
消化能力が衰退、胃もたれの原因に。逆に異常な食欲が増す原因にもなります。

心臓、肝臓、腎臓、腸などもちょうどその位置にある椎骨の状態によって
左右されることになります。

これらの前傾姿勢を解消し、正しい姿勢を維持することで
身長は伸びるだけでなく、内臓の働くも正常に戻すことができるようになります。


芸能人も愛用の5㎝アップの身長伸ばす方法

身長と身体の健康の関係についてご紹介しました。

身長を伸ばすことで、筋肉はほぐれ血流やリンパの流れがよくなるだけでなく
精神的にもストレスが軽減されます。

身長にコンプレックスのない方でも
健康維持のために取り入れるのもよいと思われます。

では、具体的な身長を伸ばす方法についてご紹介します。

あなたも、身長を伸ばす方法を取り入れて、
健康で健やかな日々を今後も過ごしたくはありませんか?

詳細はこちらをクリック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ